30歳からのゲーム開発記録

30才未経験でSEに転職した人のブログ

【16-17 NBA観戦記録 キャブス vs ウィザーズ】

こんにちわ。上上下下太郎です。

 

NBA観戦記録です。

マイケルジョーダン加入で一時話題となったワシントン・ウィザーズですが、僕はどうしてもギルバート・アリーナスの印象が強いです。点取り屋のポイントガードとしてオールスターまで上り詰め、「お前の出場時間は0だ」と過去に言われたことから、当時は珍しい背番号0をつけたフランチャイズプレイヤーでした。


しかし、今はまぎれもなく、ジョン・ウォールのチームですね!ジョン・ウォールもポイントガードですが、アリーナスとは違い、点も取りますが、ゲームメイクもしっかり行う印象があります。ただ、身体能力はすさまじいです!
カイリーアービングがテクニックなドリブルワークで相手を抜き去るのに対し、ウォールはスピードで相手を置き去りにします。ウォールが凄いのはスピードだけでなく、ジャンプ力もです。
この身体能力を生かし、ウォールはダンクコンテストで優勝も果たしています。


2014オールスターゲーム スラムダンク コンテスト 2

ただ、この年のダンクコンテストイースト、ウェストに分かれての団体戦だったんですよね。個人的には、ダンクコンテスト個人戦がいいと思いました。実際、次の年からはもとの個人戦に戻りましたし。

さて、実際の試合はというと、オーバータイムまでもつれ込む接戦となりました。ウォールの活躍もさることながら、この試合ではブラッドリー・ビールが躍動していました。

ワシントンの強力なバックコート陣が王者キャブスを追い詰めるも、最後に試合を決めたのはカイリー・アービングでした。昨年のファイナルでもそうでしたが、アービングは勝負強いですね。右45度の角度からのシュートは、例えディフェンスがしっかりついていても、止められません。
ウィザーズはホーム17連勝が止まってしまいましたが、今年は期待できるチームだと思いました。個人的にウォールのような身体能力が高く、クイックネスな選手はアレン・アイバーソンを彷彿とさせるので、大好きです。
ウィザーズ、今年はプレイオフに進んでほしいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。