30歳からのゲーム開発記録

30才未経験でSEに転職した人のブログ

【16-17 NBA観戦記録 セルティックス vs ピストンズ】

こんにちわ。上上下下太郎です。

NBA観戦記録、本日はセルティックス vs ピストンズイースト対決です。
いつの間にか、イースト2位の好位置につけているボストン・セルティックス。優勝回数17回の名門と知られるチームですが、1980年代後半生まれの僕にとってはケビン・ガーネット、レイ・アレン、ポール・ピアースが在籍したビッグ3時代しか強いイメージがありません。ビッグ3がチームを離れてからはやはり下位に沈んでいましたが、ブラッド・スティーブンス監督の加入ですべてが変わりました。

1976年生まれというかなりの若手監督ですが、これまでNBA経験がなく、大学バスケットボールのHCからセルティックスのHCへ転身した経歴です。大学バスケットボールHCからNBAのHCへ転身した方は過去にもいましたが、どうも上手くいかなかったようです。そのため、ブラッド・スティーブンス監督も「NBAでは大成しないのでは?」と懸念されていましたが、現在のセルティックスの順位が彼の手腕を証明しています。

しかし、現在のセルティックスの躍進を支えているのは、間違いなくアイザイア・トーマス!得点王争いでもウェストブルックにつぐ2位につけ、シーズンMVP候補とも言われています。今シーズン、シーズントリプルダブルの期待もかかるウェストブルックがMVP最有力候補かと思いますが、もしセルティックスがキャバリアーズを抜き、イースト1位になればアイザイア・トーマスのMVP受賞は十分あり得ると思います。

アイザイア・トーマスは身長175cmとNBAではとてもとても小さいです。サイズが小さいNBA選手といえば、アレン・アイバーソンと比較されることが多いですが、ドラフト1位だったアイバーソンとは対照に、アイザイア・トーマスはドラフト60位と、その年のドラフトの最下位でした。

それが、今やオールスター選手ですから、まさにシンデレラ・ボーイです。身長175cmというと、ネイト・ロビンソンも同じ身長ですが、ネイト・ロビンソンはダンク・コンテストでも証明したように抜群の身体能力でNBAで頭角を現しましたが、アイザイア・トーマスはプレイスタイルが少し異なると思います。
以下の動画では、ネイト・ロビンソンとアイザイア・トーマスが一緒にトレーニングしています。


Nate Robinson Work Out from stateofnate

もちろん大柄選手に当たり負けしない体幹の強さはありますが、アイザイア・トーマスは相手選手との間合い、ディフェンスに体を預けてブロックに飛ばせない、ユーロステップで相手を翻弄してからタイミングを外してシュートを打つなどの、テクニックが目立ちます。

また、広い視野からの的確なアシストや、試合中にチームメイトに積極的に声をかけるなどのリーダーシップなどのアンセルフィッシュな姿勢なども、チームメイトや監督から評価されているポイントではないでしょうか。

これまでの道のりは決して楽ではなかったと想像に難くないからこそ、アイザイア・トーマスには今後より一層輝いてほしいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。