転職を繰り返したサラリーマンの多趣味ブログ

30才未経験でSEに転職した人の多趣味ブログ

【海外ドラマ】HOMELAND シーズン6の感想レビュー / 初期3部作の輝きを彷彿とさせる、これぞHOMELANDクオリティー

HOMELAND シーズン6で輝きを取り戻す

f:id:uuc1h:20180924111416j:plain
出展元:Homeland (2011-)

HOMELANDは、海外ドラマの中で一番好きなドラマだ。シーズン1からシーズン3の最終話である「Star」までは、まさに完璧といえる。
シーズン4からは、これまでと変わって各シーズン毎に完結する構成に変更となった。シーズン4の舞台はパキスタン、シーズン5の舞台はベルリンと、場所も年(シーズン5はシーズン4から2年後)も変わり、各エピソードに直接的な繋がりはない。
見やすくなった半面、物語の厚みは減った。個人的には、シーズン5は面白くなかった。
がしかし、シーズン6は面白い。
シーズン6は、舞台はベルリンからニューヨークに移り、シーズン5と直接的な繋がりはない。HOMELANDの見どころといえる、キャリーの不安定さも少なくなりつつある。
ではどうして面白いかというと、ピーター・クインが抜群の存在感を発揮しているからだ。

シーズン6の主役はピーター・クイン

f:id:uuc1h:20180924120244j:plain
出展元:Homeland (2011-)

シーズン5で昏睡状態だったクインは、シーズン6では目覚めている。だが、シーズン5でクインから情報を引き出そうと、無理やり昏睡から目覚めさせようとしたため、大きさ障害を抱えてしまっていた。
左半身に麻痺があり、言葉がでてこない、怒りやすく、非常に不安定な人物に変わってしまっている。風貌も、目と頬は大きくくぼみ、明らかに異質な雰囲気を醸し出している。シーズン5までの、腕利きの暗殺者といった面影は一切ない。
これまでクインと言えば、不安定なキャリーを支える頼れる男だった。どんな任務も完璧にこなし、理不尽なキャリーに対しても優しく接する。だからこそ、「あの何でもできた頼れる兄貴分が、こうも変わるのか」という衝撃がある。そんなクインも今の現実を受け入れ、何とか変わろうと葛藤する様までシーズン6では描かれている。
シーズン6は、ピーター・クインの物語だと私は思っている。

新しく登場したエリザベス・キーンも大注目

f:id:uuc1h:20180924122308j:plain
出展元:Homeland (2011-)

 シーズン6から新たに登場した、エリザベス・キーン次期大統領。アメリカ史上初の女性大統領だ。息子は兵士で、戦士している。
このキーン次期大統領を演じるは、エリザベス・マーヴェル。House Of Cardsにも出演経験がある彼女だが、強い女性が本当によく似合う(ちなみに、House Of Cardsでは大統領候補役)。強い眼光、自身にあふれた歩き方、その全てがたくましく感じる。
しかし、キーン次期大統領は、兵士だった息子が戦士していることが大きなキーになってくる。ただただ強い女性だけではなく、様々な困難がふりかかることで、キーン次期大統領の弱さ、悩み、心の移り変わりなどを目にすることができる。主要キャラクター達に全く負けない存在感で、物語をより一層面白くしている。

ちょっとしたサプライズキャスト

f:id:uuc1h:20180924143850j:plain
出展元:Homeland (2011-)

 個人的にうれしかったのが、プリズン・ブレイクのティーバッグ役でおなじみのロバート・ネッパーが出演していること。そして日本語吹き替えは、プリズン・ブレイクから引き続き若本規夫氏だ。
出演シーンは決して多くはないが、ロバート・ネッパーが若本氏の声で、HOMELANDに出演しているだけで嬉しい。

 と、ここまで主に登場人物を中心に、HOMELANDシーズン6がいかに素晴らしいか書いてきた。本来なら、物語の背景についても書きたいところだが、何を書いてもネタバレに繋がりそうだ。
そして、本作は何の前情報もなく見ていただきたい。何の事件が起きて、キャリーは今回は何と戦うかも含めてだ。
第4話くらいまでは、まだ様子見といったところだが、第5話から物語が一気に加速する。しかし、第4話までの内容がしっかりと頭にないとついていけなくなる。要は、全話重要ということだ。

今後のHOMELAND

f:id:uuc1h:20180924145143j:plain
出展元:Homeland (2011-)

 HOMELANDはシーズン8で完結することはすでに発表されている。シーズン7は日本でもすでに公開されており、ネタバレに気を付けながら情報を探っていると、シーズン6とシーズン7は直接的な繋がりはありそうだ。
個人的には、シーズン6、シーズン7、シーズン8と3部作形式をとってほしい。個人的にはシーズン6はとても好きだが、やはりHOMELANDで一番好きなシーズンは?と聞かれると、シーズン2、シーズン3だ。それほど、ブロディ3部作はすさまじかった。

ちなみに私はHOMELANDをDlifeで見ている。DlifeでHOMELANDシーズン7放送は、恐らく来年だろう。それまでシーズン6の余韻にしっかり浸りつつ、シーズン7の放送を心待ちにしたい。

【スポンサーリンク】