30歳からのゲーム開発記録

30才未経験でSEに転職した人のブログ

【ゲーム開発記録②】Unityの公式チュートリアルをやってみる

こんにちわ。UUC1Hです。

前回のブログでUnityを使ったゲーム開発を行うことを宣言しましたが、何から始めていいのやら。。
「こういう時は公式チュートリアル」ということで、Unityの公式チュートリアルである玉転がしを作りました。

tutorial.unity3d.jp

 

■学んだことのメモ

・オブジェクトに色をつけるには、色付けしたMaterialをオブジェクトに貼る

・静的オブジェクトの登録方法(パフォーマンスやビジュアルの向上)

・Rigidbodyコンポーネントで物理演算機能を追加できる

・キーボードからオブジェクトを動作させる方法

・カメラを動かす方法

 ・FPSの視点

 ・TPSの視点

・Prefabとは

・接触判定

 ・OnTriggerEnter:判定のみのTriggerとの接触判定

 ・OnCollisionEnter:物理的な反射を持つColliderとの接触判定

 ・タグで指定し、特定のオブジェクトに対してだけ削除処理を適用

 ・特定のタグを持つオブジェクトと衝突したら、シーンの再読み込み

Canvasオブジェクト、Textオブジェクトを使用したUI

 ・CanvasオブジェクトのUI Scale ModeはScale With Screen Sizeへ

 ・指定したタグのオブジェクトの数を取得し、Textオブジェクトへ表示する

 ・非アクティブオブジェクトをアクティブにすることで、ゲームクリアを表現

 

このチュートリアルでは、以上のことを学びました。

1時間程度で終えれるチュートリアルですが、ボールをキーボードから操作し、ポイントをUIに表示し、ゲームクリア、ゲームオーバーと、ゲームとして成立する最低限の機能をつけることができました。
これは楽しい!!

そして、今後課題になってくるのが、開発時間の確保です。
平日はもちろん仕事し、帰ってくる時間はだいたい22時ごろ。。続けることを目標とし、以下のルールを自分に課したいと思います。

・1日の勉強時間は、最低5分(必ずUnityを起動させること)
・平日は、本やサイトのチュートリアルでインプットに努める。(変に悩んで時間を持っていかれないように)
・インプットの内容はブログに書くが、そこまで細かく書かない。(何を学んだか分かるメモ程度で)
・ゲーム開発を楽しんでやること!(ゲーム開発は子供のころからの夢だったんだよ)

さ、明日からは何を作ろうかな!