基本NBA・たまにIT系ブログ

30才未経験でSEに転職した人のブログ

【16-17 NBA観戦記録 NBAファイナル】

こんにちわ。上上下下太郎です。

3年連続同カードとなった、クリーブランド・キャバリアーズ VS ゴールデンステイト・ウォーリアーズのファイナルを観終えました。
まず、3年連続でファイナルが同カードとなるのはNBA史上初!今後、語り継がれるライバル関係の2チームの対決とあって、アメリカでの視聴率も1998年以降最も高く、まさに大注目のカートでした。
また、プレイオフに入ってから、キャブス、ウォーリアーズとも絶好調。ウォーリアーズなんて、ファイナルまで無傷の12連勝ですからね!キャブスも、カンファレンスファイナルでセルティックスに1敗しただけで、去年のファイナルからカウントすると、プレイオフ13連勝。これは、ショータイム時代のレイカーズに並ぶ歴代1位(すぐにウォーリアーズが更新しますが。。)

両チームとの敵なしの無敵状態で、7戦までもつれる混戦となると予想していましたが、蓋を開けてみたらウォーリアーズの圧勝!あわや16連勝で優勝か!?というところまでいきましたが、キャブスは意地を見せて第4戦を取り返すも、キャブスの反撃もそこまで。見事、ウォーリアーズが優勝を果たしました。

守備が光ったウォーリアーズ

点を取って取って取りまくるウォーリアーズですが、このシリーズではもう一つの持ち味のディフェンス力が勝利を呼び寄せました。カイリーアービングにぴったりマークしたクレイ・トンプソン、ゴール下で体を張り、キャブスのトンプソンにリバウンドを取らせなかったグリーン。そして何より、レブロンと真っ向から勝負したデュラント!鉄壁の守備から、速攻で流れを作るウォーリアーズのチームバスケットにまさに死角なしですね。

ファイナルでは、レギュラーシーズンのような輝きをなかなか放てなったカリーも、このファイナルでは素晴らしい活躍だったと思います。3Pもさることながら、体を張ったリバウンドやルーズボールへの執着など、気迫のこもったプレイでした。やはり、昨シーズンの1勝3敗からの負けが相当力になっているんでしょうね。

新しい時代を作るのか!?ケビン・デュラント

ただ、このシリーズで圧倒的だったのがケビン・デュラント!

ファイナルのGame2が終わったあたりから容易に想像できましたが、文句なしのファイナルMVPです。ただ、得点を取るだけでなく、チームを勝利に導く得点力。Game3で見せたクラッチシュートは痺れました。(誰だ、デュラントをソフトだなんて言ったのは。。)

昨年はカンファレンスファイナルでウォーリアーズを苦しめたデュラントですが、味方になるとこうまで頼もしいんですね。特に、レブロンとマッチアップしての勝利には大きな大きな意味があります。
ウォーリアーズへ移籍を決めたときは、批判されまくりでしたが、このままウォーリアーズの一員として新たな時代を作ってほしいです。


Debate This.