転職を繰り返したサラリーマンの多趣味ブログ

30才未経験でSEに転職した人の多趣味ブログ

アプリ開発初心者が作ったアプリは、本当に売れるのか?③_アプリを作る場合、自分ができる範囲を自覚することが重要

まさに表題の通りです。GWが終わり仕事が始まると、そもそも家で開発できる時間がなかなか確保できない。
けど、ここでやめてしまうとせっかく勉強を始めたのに勿体ないので、何とか少しずつでも開発を行っていました。
ちなみに完成したアプリは、こんな感じ。
f:id:uuc1h:20190519011200p:plain
いわゆるジャンケンゲームです。
この画面で自分のジャンケンの手を選ぶと、次画面に遷移します。
f:id:uuc1h:20190519011314p:plain
そこでジャンケンの結果が表示され、戻るボタンを押すともう一度ジャンケンができるというゲームです。
このアプリって、「はじめてのANDROIDプログラミング第4版」のサンプルアプリとほぼ一緒なんやけど、自分で工夫したのが、連勝回数をトップ画面に表示させるようにしたこと。
アプリを作る場合、「自分ができる範囲内」だけでやることが重要だと思っている。

これで、画面遷移と共有プリファレンスの使い方はなんとなくわかった気がする。

はじめてのAndroidプログラミング 第4版

はじめてのAndroidプログラミング 第4版

【スポンサーリンク】